DSC_3110

さようなら、カブトムシ

夜中は秋の虫大合奏が特大ヴォリュームでお楽しみいただける、
そんな重尾町からこんにちは。

涼しくなってきたらいつかは…と覚悟はしていましたが、
我が家のカブトムシ4兄弟、かっちゃん、カブトくん、ぴーちゃん、エルサ…
みんな時期を同じくして旅立っていきました。
昨年の秋に幼虫がかえってから、1年間育ててきました。
成虫が土から出てきた夜は本当に感動したなぁ!

毎日、エサやりや霧吹きをがんばった小3のお姉ちゃん。
「今、かっちゃんが出とる!」
と、虫かごチェックを怠らなかった4歳の息子どん。
2人が一喜一憂するそばで、大人まで、小さな虫について
色々と考えを新たに学び、感動すること多々。

…でも、一番成長したのは母である私かもしれません。
飼うのはもう1年で十分、と思っていたはずが、
今は、「また卵から幼虫が生まれたらいいなぁ!」
と、思ってしまっています(笑)。

カブトムシたち、子どもたち、ありがとう。

*****
先日、
「りんごローソク」という冬迎えの行事で使う、
みつろうキャンドルを仲間で作りました。
というか他の3人がほとんど作ってくれました。
何かを作るのって、やっぱり楽しいですね~。
みんなが作ってくれたのをずらりと干して、
満足満足(^^)
(お疲れさまでした!)
娘が幼稚園時代からこの行事は毎年参加しています。
とーーーーっても、静かで、すてきなんですよ。
写真がないのでご紹介できず残念!